スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

aohukaiao

541.jpg


青が好きな色。
好きなものは、反対のものを拒絶することではなく、単純にそれを慈しめばよかったのか。
子供の頃、ピンクのもの、可愛いものを身に着けたり所有していることが苦手だった。
この感覚であること、可愛いものが苦手なことは少女として失敗なのではないだろうかと、不安な気持ちを持っていた。だから寒色を選ぶことが少し淋しかった。
昨年、誕生日プレゼントに青色の造花が一緒に添えてあった。
夏生まれなので、涼しげなイラストが包装箱には描かれていてそれと造花の色がよく合っていて。
とても嬉しかった。こんなに嬉しいのか、この色を貰えてこんなに嬉しいのかと思った。

今は単純に青が好きだ。ピンク色が好きじゃないから、青を選ぶのではなく。
深く静かな青色を身に着けていると、幸せだ。

おわり
スポンサーサイト

memo

FullSizeRender(6).jpg

人に話したり、人の話に共感する材料をすぐに頭から取り出せない。怖い話をしてと言われて咄嗟に思いつかない。
大好きな歌の曲名を忘れている。とても好きだったのに。「忘れてはいけないメモ」という項目をスケジュール帳に作った。知ったことが無くなってしまわないように。何度も思い出す機会を与える。悲しい時、好きな歌くらい覚えておかなくては。
(忘れいたのはThe DelgadosのWoke From Dreamingという曲)

人を傷つけたらどうなるのかというと、人を傷つけないように努力し続けるしか私に道はない。

先日突然、犬猫の写真がぬいぐるみにしか見えなくなっていた。どうしてだろう。飼っていない時期が長過ぎて、とうとう現実にはいないものと認識し始めているのかも知れない。飼いたい。飼いたい。

おわり

dariamatane

FullSizeRender(4).jpg

生き返るのに一年かかった。じゃあこれからは、生きてゆけるんだな。
幸福が形の見えないものとは言うけれど、言葉にも何にも表せないなんて不幸だ。

絵を描いている時と日常とで、心が全く違う場所にある。
その切り替えが上手くできずにいた。特に、絵を描いていてそこに集中しているところから日常へ切り替えるのに苦労していた。
何年か前はその苦労がなかった。ずっと絵と日常の狭間にいたのかも知れない。どちらにも行ける曖昧な思考だった。
今は違う。分けた方が生き方に合っている。でも行き来するのが苦しい。どんどん絵を描くスピードが落ちた。
でも今日気づいた。切り替えられる機能を自分で発明すればいいのだ。
小さな小さな人生で、それができたらもうかなり幸福かも。
生き返った。よかった。生きていこう。

私の人生は淋しいものかも知れないけれど、悲惨ではない。

昨年冬、よそさんと何年かぶりに再会してご飯を食べてお話しして一緒にノートに絵を描いた。
その時、ずっと怖がっていたことが解けた。
ものを作る人の側にいることが怖かった。だけど、よそさんといるととても心地良かった。分かった。
絵を描いていた自分が救済された。

最近、誰の一番にもなれないという呪いが消えた。淋しいけど健やかな気がする。少し強くなった気がする。

おわり
profile

シカトコ

Author:シカトコ
かんがえごと


◎HP
http://shicatoko.husuma.com/

Thank you.

記事
月別アーカイブ
カテゴリー
tegakiblog
pixiv
flickr
www.flickr.com
yousuitooto's items Go to yousuitooto's photostream
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。